みんなで大家さん事業、不動産事業の共生バンクグループ

みんなで大家さんシリーズは新しい資産運用です

メニュー

共生バンク ホーム > CSR > 投資家に対する行動規範

投資家に対する行動規範

私たちは、株主や債権者から受け入れた貴重な資金を使ってビジネスを行っています。それゆえ、投資家に対しては、事業を安全かつ効率的に行う責任、またその事業内容を正しく説明する責任を負っています。これらの責任を果たすため、適正な報告、積極的なディスクロージャーを進めていきます。

1. ディスクロージャー

投資家に対し、事業内容の詳細、とりわけ投資判断にかかわる重要な情報を正確に伝えていく必要があり、それら情報の多くは、投資家が理解できるような形で公表するよう努めます。

2. 適切な情報開示

商品に関する情報、財務状況や経営に関する情報等の開示すべき会社の情報を適時・適切に開示いたします。

3. 正確な記録

ディスクロージャーの前提は正確な記録です。ビジネスに関するあらゆる情報は法令・ルールに従って正しく記録されなければならず、社内のあらゆる文書に誤りがないように細心の注意を払います。

4. 投資家とのコミュニケーション

投資家には、私たちが「利益と倫理が相反する場合、倫理を選択すること」 を選択し、それが結果として会社の利益になることを理解いただけるように誠意をもって伝えていきます。